NPO法人とは

NPOという言葉の定義は?

 NPOは、アメリカにおける文化と法人制度と税制優遇制度を背景にして生まれてきた言葉“Non-Profit Organization”の略で、日本では「民間非営利組織(団体)」と訳されています。

 また、NPOはアメリカでは、市民(民間人)の立場で公益的な活動を行う組織の総称として用いられるようになった言葉で、私立の病院や学校、民間社会福祉事業団体、消費者団体、労働組合等のように「自己の経済的利益を目的としない」「社会的利益(公益)のために」活動する市民(民間)団体すべてを指すのに対して、日本では、市民の発意に基づき自主的に活動する、いわゆる市民が主体となった「市民活動団体」をイメージするのが一般的なようです。
 このように、NPOの定義は確定した概念ではありません。

 さて、「非営利組織」と言ったときに誤解されやすいのが、「非営利」だから、「当然NPOが提供するサービスは無償」と思われがちですが、NPOが「非営利組織」と言われるのは、あくまで「自己の経済的利益(営利)を目的としない」ということであって、NPOが目的とする社会的利益(公益)を実現するために、その資金づくりの一つとして有償の事業を行うことはよくあることです。要は、その事業で得た利益を仲間内で分け合うのではなく、組織本来の社会的利益実現のために活用(組織運営コストや活動事業費などに当てる)すれば良いわけです。

NPOに関する四つのイメージ
月刊ボランティア2000年1,2月合併号より

▲ページの先頭へ